どうも、健康アドバイザーれんです^ ^

 

腹筋男子

腹筋ローラーで立ちコロができるようになりたい!

腹筋ローラーをしているとこんな風に

考えたことがあると思います!

 

腹筋ローラーで腹筋を鍛えるなら、

膝コロより立ちコロの方がカッコ良いし

立ちコロで鍛えたいですよね^ ^

 

立ちコロは難易度が高く負荷も高いため、

初心者の方がいきなりできることは絶対に

ありえません!笑

 

また立ちコロ腹筋ローラーはやり方によって

負荷を変えることができます!

 

この記事を読んで、

立ちコロ腹筋ローラーができる

腹筋上級者を目指しましょう^ ^

 

立ちコロができる人の割合

立ちコロができる人の割合は1割未満!

結論から言うと、

立ちコロ腹筋ローラーができる人の割合は、

全体の1割未満です!笑

 

アンケート調査などは行っていないですが、

僕の経験上だいたいこんなもんです^ ^

 

この割合は正しいフォームで10回くらい

できる人です!

 

この記事を読んでる人は、

立ちコロ1回できればいいや

って人はいないですよね!笑

 

立ちコロが1回しかできないのに

立ちコロできるよ!

はちょっとって感じですしね!笑

 

立ちコロは腹筋を割ると同じくらい

難しいと言われています!

 

つまり立ちコロができれば

腹筋は割れるのです^ ^

 

腹筋が割れてて立ちコロしてたら

絶対にモテます!

 

ということで、

「立ちコロ腹筋ローラーができるコツ!」

これを具体的に説明していきます!

 

立ちコロができる人になるためのコツ

✔︎ 膝コロ→スネコロ→立ちコロと段階を踏む

立ちコロをいきなりやろうと思っても、

デメリットが多いです。

 

前述したように立ちコロは負荷の高い

トレーニングであるため、

正しいフォームで行わないと、

体を痛めてしまいます。

 

膝コロ→スネコロ→立ちコロ

と段階を踏まえて鍛えていくのが効率的です。

 

それぞれについて説明します!

膝コロ腹筋ローラー

膝コロの腹筋ローラーは、

膝を支点にしてローラーを

転がしていきます。

 

トレーニングの方法

1. 膝をついて腹筋ローラをセットする

2. ゆっくりローラーを腕で前に押し込む

3. 限界地点でポジションキープ(2〜3秒)

4. 身体をゆっくり起こし元の状態に戻る

 

トレーニングのポイント

・腹筋を意識する

・腰を曲げない

・ギリギリまで押し込む

・息を吐きながら押して吸いながら戻す

・おへそのあたりを見ながら行う

・手首は返さない

 

 

「膝コロ腹筋ローラーでもきつい!」

こんな場合は、

✔︎ 腹筋ローラーを転がす距離を短くする

✔︎ 限界まで腹筋ローラーを転がして倒れる

この2つの方法を取り入れましょう!

 

個人的には腹筋ローラーの距離を短くして、

だんだん距離を伸ばしていく方法の方が

筋トレの成果が実感できておすすめです^ ^

 

ちなみに腹筋ローラーを転がして

そのまま倒れる方法は、

「膝コロン腹筋ローラー」と言って

初心者向けのトレーニングです!

スネコロ腹筋ローラー

膝コロがある程度できるようになったら、

次はスネコロ腹筋ローラーに

チャレンジしてみましょう!

 

やり方は膝コロとほぼ同じですが、

スネコロは支点を膝に置くため

高さのあるクッション的なものが必要です!

 

 

立ちコロ腹筋ローラー

スネコロがある程度できるようになったら

ついに立ちコロ腹筋ローラーです!笑

 

立ちコロは膝コロとスネコロと比べて

一気に難易度が上がります!

 

スネコロが簡単にできるようになっても

「立ちコロは全くできない!!!」

なんて可能性もあります。

 

やり方は膝コロやスネコロとほぼ同じで

基本ポジションの時に膝を上げましょう!

 

下の動画は立った状態から始まっていますが、

膝をついた状態から膝を話したところを

基本ポジションとしても問題ないです。

 

 

最初いきなりはできないと思いますので、

負荷を下げる方法を二つ紹介します。

 

✔︎ 足を開く

足を開くことで、足先から腹筋ローラーまでの

距離が短くなり負荷が低くなります。

 

✔︎ 壁でローラーをストップさせる

腹筋ローラーを転がした後そのまま

倒れてしまわないように、

壁を使って強制的に腹筋ローラーを

ストップさせます。

 

この2つの方法を実践しながら、

だんだんと足の幅を狭めていって

壁との距離を離していけば

最終的にちゃんとした立ちコロ腹筋ローラーが

できるようになっていきます^ ^

 

まとめ

-まとめ-立ちコロができる人の割合

✔︎ 全体の1割未満

立ちコロができる人になるコツ

✔︎ 膝コロ→スネコロ→立ちコロとしっかり段階を踏む

負荷を下げる方法

膝コロ:伸ばす距離を短くする

スネコロ:伸ばす距離を短くする

立ちコロ:脚を開く、壁を使う

 

立ちコロの腹筋ローラーは、

負荷が高く腹筋を全体を刺激できるため

難易度は本当に高いです。

 

しかし段階を踏んで少しずつ鍛えていけば

誰でもできるようになります!笑

 

ビジネスなどは努力で成功しないことも

ありますが、

筋トレは努力したら必ず成功します^ ^

 

ここが筋トレの良いところです!笑

 

自分のペースで筋トレを継続させて

腹筋ローラーをマスターしましょう。

 

以上、健康アドバイザーれんでした!

 

  関連記事はこちら▼  

腹筋ローラーは毎日しても良い?適切な回数&効果の出る期間を解説!

腹筋ローラーの選び方(初心者向け)&おすすめ腹筋ローラー3選!

 

無料相談受付中!

 

筋トレ、食事、ダイエット、健康などに

関する質問を無料で受付しています^ ^

 

無料相談受付中!


▶️れんに無料で相談する!