バナナ

 

どうも、健康アドバイザーれんです^ ^

 

女

朝バナナダイエットって効果があるの?おすすめのやり方や注意点は?

この記事ではこんな疑問に答えています!

 

朝バナナダイエットという言葉は

ダイエットしたことがなくても聞いたこと

ある人は多いと思います。

 

朝食にバナナと水を摂取するだけなのですが

これが非常に効果が高く成功しやすいと

評判なのです!笑

 

この記事で朝バナナダイエットについて

説明しますのでダイエッターの方は

参考にしてみてください^ ^

 

この記事でわかること

✔︎ バナナのダイエット効果

✔︎ 朝バナナダイエットのやり方

✔︎ 朝バナナダイエットの注意点

 

バナナのダイエットの効果

✔︎ むくみ解消

✔︎ 代謝促進

✔︎ 便通促進

✔︎ 腸内環境改善

✔︎ 食欲抑制

むくみ解消

バナナはフルーツの中で最も多く

カリウムが含まれています。

 

カリウムには体内の余分な塩分を排出して

体のむくみ解消につながります。

代謝促進

バナナにはビタミンB1が含まれていて

糖質からのエネルギー産出を助けます。

 

ビタミンB1 が不足すると食欲がなくなり

疲れやすい体になります。

 

夏バテなど疲れているなと感じたら

バナナの積極的に取り入れましょう。

便通促進

バナナには食物繊維が含まれています。

 

食物繊維は排便リズムを回復させて

便秘が解消します。

腸内環境改善

バナナにはオリゴ糖が多く含まれていて、

整腸作用や腸内殺菌の効果があります。

 

腸内環境が整うと免疫力も高まります。

 

食欲抑制

バナナに含まれているトリプトファンは

アミノ酸にはセロトニンに変わって

食欲を抑える効果があります。

 

バナナは低カロリーでセロトニンを

増やすことができるためダイエットに

効果的なのです。

 

朝バナナダイエットのやり方

✔︎ 朝にバナナを1〜2本と常温の水を摂取

朝バナナダイエットのやり方は非常に簡単で

朝食にバナナを1本〜2本と常温の水を摂取

するだけです。

 

バナナに含まれる食物繊維と一緒に水を

摂取することで快便が期待できます。

 

朝起きたばかりは体の水分が不足しているため

しっかり補給しましょう!

 

バナナだけの置き換えダイエットは

ちょっと厳しい。。。

という人はバナナに加えてヨーグルトなどを

プラスするのがおすすめです。

 

ヨーグルトは乳酸菌やビフィズス菌などの

善玉菌を多く含み腸の働きを促す効果が

見込めます。

 

補足記事1

バナナのカロリー

バナナは1本あたり86kcalと非常に

低カロリーの食べ物です。

また、カリウムやビタミンB群など

豊富な栄養素が含まれていて、

非常に優れた果物となっています。

低カロリーで栄養素が豊富!

と言うことでダイエットには非常に

適しているといえます!

 

バナナの糖質

糖質は、22.5gと少々高いと感じると

思います!

しかしバナナに含まれる糖質は果糖です。

果糖は血糖値が上がりにくい糖で

肥満に直結するものではありません。

なのでご飯やパンと比べて糖質がそんなに

変わらないからバナナは太る!

と言う考え方は間違いなのです。

 

なぜ朝バナナなの?

朝は胃腸が休んでいる時間帯です。

朝食から胃の消化に悪いものを食べると

胃腸に負荷がかかってしまいます。

朝に栄養価が高く消化に良いバナナを

食べることで胃腸が休息して、

本来の機能が回復します。

胃腸が本来の機能を取り戻すことで

体質や体調が良くなりむくみがなくなり

代謝が良くなりダイエットに繋がると

いうことです!

 

朝バナナダイエットの注意点

✔︎ 昼食の3〜4時間前にバナナを摂取する

✔︎ 昼食や夕食で栄養バランスを整える

✔︎ 間食は糖質の多いものは控える

✔︎ 2ヶ月〜3ヶ月継続して行う 

昼食の3〜4時間前にバナナを摂取する

バナナは摂取してから約1時間程度で

消化されます。

 

朝早い時間の摂取すると昼食までに空腹を

感じてしまう可能性があります。

 

生活リズムによって厳しい人もいると

思いますが、

出来るだけ昼食の3〜4時間前にバナナを

摂取するように心がけましょう!

昼食や夕食で栄養バランスを整える

どんな置き換えダイエットにおいても

注意することは栄養バランスを崩さないように

することです。

 

バナナはタンパク質が少ないため

昼食や夕食はタンパク質を多く含む

肉、魚、卵、豆類などを積極的に摂取して

痩せても筋肉量が減らさないように

しましょう。

 

また、ビタミンAを多く含む緑黄色野菜を

食べて免疫力を高めることも大切です!

間食は糖質の多いものは控える

間食は糖質と脂質の多いものは

控えましょう!

 

乳製品やナッツ、カカオの多いチョコなどを

食べると糖質や脂質を抑えながらも

夕食の食べ過ぎを防ぐことができます。

 

我慢しすぎないこともダイエット成功の

秘訣ですので間食は絶対しないと言うことは

しないほうが良いでしょう。

2ヶ月〜3ヶ月継続して行う

ダイエットは継続することが大切です。

 

一時的に体重が減少してダイエットを

やめてしまうとすぐにリバウンドします。

 

人の体質は1ヶ月から3ヶ月のサイクルで

生まれ変わると言われています。

 

ダイエットは体重を落とすと言うよりも

太りにくい体を作る!

この意識を持って行いましょう。

 

まとめ

まとめ▼

バナナのダイエット効果

✔︎ むくみ解消

✔︎ 代謝促進

✔︎ 便通促進

✔︎ 腸内環境改善

✔︎ 食欲抑制

朝バナナダイエットのやり方

✔︎ 朝にバナナを1〜2本と常温の水を摂取

朝バナナダイエットの注意点

✔︎ 昼食の3〜4時間前にバナナを摂取する

✔︎ 昼食や夕食で栄養バランスを整える

✔︎ 間食は糖質の多いものは控える

✔︎ 2ヶ月〜3ヶ月継続して行う

 

バナナはカロリーが低いだけでなく

カリウムが豊富なため体重などの数字以上に

体の変化が現れやすい食べ物です。

 

しかし毎朝バナナを食べ続けると流石に

飽きてしまいますので、

バナナをスムージーにしたりヨーグルトの中に

入れたり少し工夫が必要かもしれません!

 

長く続けられるように自分で考えながら

ダイエットに取り組むことが

朝バナナダイエット成功の秘訣です!

 

以上、健康アドバイザーれんでした^ ^

 

無料相談受付中!

 

筋トレ、食事、ダイエット、健康などに

関する質問を無料で受付しています^ ^

 

無料相談受付中!


▶️れんに無料で相談する!