お腹痛い

 

どうも、健康アドバイザーれんです^ ^

 

男

腹筋は便秘解消に良いって聞くけど腹筋したら逆に下痢になった・・・

なんて経験はありませんか?

 

今回は腹筋運動が便秘や下痢に及ぼす影響

について解説します!

 

腹筋でよく腸内環境が悪化するなんて方は

是非この記事を参考にしてみてください^ ^

 

この記事でわかること

✔︎ 腹筋と便秘の関係

✔︎ 腹筋と下痢の関係

 

腹筋と便秘の関係

✔︎腹筋(腹横筋)が弱いと便が押し出せず便秘になる

運動や食事を意識しても便秘が解消

されない時は腹筋力の低下の可能性が

あります。

 

便秘は腹筋下部の腹横筋の衰えで起こります。

 

腹横筋は便の押し出し力に欠かせない

筋肉でここを鍛えることで腸がダイレクトに

刺激されお通じがスムーズになります。

 

また、腹横筋を鍛えることで、

便秘だけでなく下腹のぽっこりお腹の

悩みまで解決できます。

 

便秘に悩む方は日頃から腹斜筋をしっかりと

鍛えるようにしましょう!

腹横筋を鍛えるトレーニング

レッグレイズ

レッグレイズは自宅で簡単に腹横筋を鍛える

簡単なトレーニング方法です。

 

レッグレイズの正しいやり方

1、仰向けになる

2、両足を床から10センチほど上げる

3、足を90度を超えない位置まで上げる

4、ゆっくり10センチの高さまで戻す

 

ポイント

・動作はゆっくり行う

・首を持ち上げない

・腰は持ち上げない

 

トレーニングの目安

15回×3セット

 

腹横筋を鍛えるトレーニング2

ドローイング

腹横筋を鍛えるならドローインも

非常に効果的です。

 

移動中や作業中でも実践できるため、

時間を使って実践するようにしましょう。

 

ドローイングの正しいやり方

1、仰向けに寝て膝を90度に曲げる

2、息を大きく吸ってお腹に空気を貯める

3、姿勢は常にまっすぐで肩を上げない

4、お尻を引き締め空気を出さないよう注意

5、限界まで吸ったらお腹を限界まで凹ませながら息を吐く

6、息を出し切ったらお腹を凹ましたまま5秒間キープ

 

ポイント

・姿勢はまっすぐでお尻を引き締める

・お腹が凹んでいるのを意識する

 

トレーニングの目安

・5回×3セット

 

 

腹筋と下痢の関係

✔︎ 過敏性腸症候群(IBS)が下痢の原因となる

便秘を解消しようと腹筋をすると

逆に下痢になってしまう人がいます。

 

これは、過敏性腸症候群(IBS)という病気が

関わってきます。

過敏性腸症候群

腹筋をすると下痢や腰痛を起こす人の原因の

多くはこの病気の可能性が高いです。

 

過敏性腸症候群とは、

精神的なストレスや生活習慣病の乱れにより

腸が弱り腰痛や下痢を引き起こす病気です。

 

腸の弱い人の体は腸を守ろうとして腹筋が

緊張して固くなっています。

 

この状態で腹筋運動をすることで、

余計に腹筋が緊張して体性内臓反射

言うものを起こします。

 

これは体への刺激が内臓へと影響を及ぼす

反射反応です。

 

これにより腸や内臓が悲鳴をあげることで

下痢を引き起こします。

下痢になった時の対策

✔︎ ストレスを溜めない

✔︎ お腹に刺激を与えない

✔︎ 薬を飲む

ストレスを溜めない

過敏性腸症候群はストレスによる

影響が非常に大きいです。

 

友達や家族に不安なことを相談したり

好きなことをしてリラックスして

自分1人でストレスを溜めないように

意識して生活しましょう!

お腹に刺激を与えない

腹筋をして下痢になってしまった場合は、

腹筋はしばらくやらないようにしましょう。

 

冷たい食べ物や辛いもの、アルコールや油物

などをなるべく控えて腸に刺激をしないよう

意識しましょう。

薬を飲む

どうしても治らない場合は薬も飲むことも

非常に大切です。

 

市販のものでもダメfではないですが、

副作用などのある薬もあるため、

病院で先生にしっかりと症状を説明して

薬をもらった方が良いと思います!

 

まとめ

まとめ▼

腹筋と便秘の関係

✔︎ 腹筋(腹横筋)が弱いと便が押し出せず便秘になる

腹筋と下痢の関係

✔︎ 過敏性腸症候群(IBS)が下痢の原因

下痢になった時の対策

✔︎ ストレスを溜めない

✔︎ お腹に刺激を与えない

✔︎ 薬を飲む

 

便秘や下痢は腹筋だけでなくとも

様々な原因で引き起こされます。

 

すぐに薬に頼るのではなく

何が原因かをしっかり考えることが

非常に大切です。

 

また腸内環境が悪い状態でいると

様々な生活習慣病のリスクを伴います。

 

有酸素運動、バランスの良い食事、筋トレ

この3個をしっかり実践することで

健康的な体を維持しましょう!

 

以上、健康アドバイザーれんでした!

 

無料相談受付中!

 

筋トレ、食事、ダイエット、健康などに

関する質問を無料で受付しています^ ^

 

無料相談受付中!


▶️れんに無料で相談する!