どうも、健康アドバイザーのれんです^ ^

 

男

睡眠時間とダイエットって関係あるの?睡眠のダイエット効果や正しい睡眠方法は?

この記事はこんな疑問に答えています!

 

睡眠ダイエットと言う名前があるほど

睡眠とダイエットは非常に関係があります!

 

睡眠がダイエットにもたらす効果や

睡眠ダイエットの方法について解説しますので

この記事を読んで質の良い睡眠を心がけて

ダイエットに活かしましょう^ ^

 

この記事でわかること

✔︎ 睡眠のダイエット効果

✔︎ 睡眠ダイエットの方法

 

睡眠のダイエット効果

✔︎ 食欲をコントロール

✔︎ 成長ホルモンの分泌を活発にする

✔︎ 自律神経を整える

食欲をコントロール

人間のホルモンには、

✔︎ 食欲を増進させる「グレリン」

✔︎ 食欲を抑える「レプチン」

この2つがあります。

 

睡眠不足になると、

グレリンが増加してレプチンが減ります。

 

つまり睡眠不足は食欲が高まり

食べ過ぎの原因となってしまいます。

 

食欲をコントロールするために

睡眠は必要不可欠なのです。

成長ホルモンの分泌を活発にする

睡眠時には成長ホルモンが分泌されます。

 

成長ホルモンが分泌されることで、

✔︎ 代謝アップ効果

✔︎ 脂肪燃焼効果

といったダイエット効果が期待できます。

 

成長ホルモンは年を取っても分泌されていて

減ることはありません。

 

しっかりと質の良い睡眠を意識するように

しましょう!

自律神経を整える

睡眠不足の状態になると自律神経が乱れ

腸の働きが悪化します。

 

腸内環境が悪化すると、

消化不良になりやすく余分な脂肪が体に

たまりやすくなります。

 

さらに消化エネルギーも少なくなってしまい、

代謝も落ちてしまいます。

 

つまり睡眠をしっかり取ることは、

自律神経を整え余分な脂肪を溜めないで

消費エネルギーを増やすことになり

ダイエットに繋がります。

 

睡眠ダイエットの方法

✔︎ 睡眠時間は7時間以上取る

✔︎ 睡眠の質を上げる

睡眠時間が7時間以上取る

睡眠時間の短い人は肥満になりやすい!

というアメリカの研究結果が出ています。

 

平均睡眠時間が7時間以上の人と比較して

6時間の人は23%、5時間の人は50%、

4時間の人は73%も肥満の人の割合が

高くなっています。

 

睡眠は7時間以上を目安に意識して

睡眠時間を取るようにしましょう!

睡眠の質を上げる

睡眠の質を上げるには様々な方法が

あります。

✔︎ 夕食は寝る3時間前に済ませる

✔︎ 夜中の2時には眠りにつく

✔︎ 部屋は暗くする

✔︎ 寝る前に明るい画面を見ない

✔︎ 入浴は寝る2〜3時間前

✔︎ リラックスできる音楽を流す

✔︎ ストレッチをする

✔︎ 夕食は寝る3時間前に済ませる

眠りにつく3時間前には夕食を

済ませるようにしましょう。

 

胃腸の消化が落ち着いてから眠らないと

睡眠の質が落ちてしまいます。

 

✔︎ 夜中の2時には眠りにつく

夜の22時〜2時はゴールデンタイム

と言われ成長ホルモンが最も分泌される

時間帯です。

 

この時間に寝ているのが理想なのですが

実際に仕事をしている人は厳しいことが

多いです。

 

ですので人間が一番深い眠りに入る

深夜3時頃には確実に眠っていれば

ダイエット効果が期待できます。

 

✔︎ 部屋は暗くする

質の良い睡眠をするには真っ暗な状態が

理想的です。

 

真っ暗が苦手な人は間接照明などを利用して

部屋の明るい電気は消すようにしましょう。

 

✔︎ 寝る前に明るい画面を見ない

寝る前にブルーライトの光を見ると

目が覚めてしまい睡眠を妨害します。

 

布団に入って電気を消したらスマホを

使うのはやめるようにしましょう。

 

✔︎ 入浴は寝る2〜3時間前

入浴はシャワーではなくしっかりと

湯船に浸かるようにしましょう。

 

体が温まることで眠気も生じ

眠りにつきやすくなります。

 

お風呂上がりは体を冷やさないよう注意し

体が温まった状態でベッドに入るように

心がけましょう!

 

✔︎ リラックスできる音楽を流す

リラックスできる音楽を聴くことで

自然に眠りにつくことができます。

 

ロックなどの激しい音楽は逆に

目が覚めてしまうのでゆっくりとした

バラード調の曲を聴きましょう。

 

歌詞のない音楽がおすすめです!

 

✔︎ ストレッチをする

ストレッチは血流を良くして副交感神経に

働けかける効果があります。

 

お風呂上がりに行うと筋肉が緩んでいるため

効果的です。

 

注意

勢いのつけたストレッチは交感神経を

刺激し逆に睡眠の妨げとなるので、

ゆっくりと筋肉を伸ばすストレッチを

行いましょう。

 

まとめ

まとめ▼

睡眠のダイエット効果

✔︎ 食欲のコントロール

✔︎ 成長ホルモンの分泌を活発にする

✔︎ 自律神経を整える

睡眠ダイエットの方法

✔︎ 睡眠時間は7時間以上取る

✔︎ 睡眠の質を上げる

・ 夕食は寝る3時間前に済ませる

・ 夜中の2時には眠りにつく

・ 部屋は暗くする

寝る前に明るい画面を見ない

・ 入浴は寝る2〜3時間前

・ リラックスできる音楽を流す

・ ストレッチをする

などなど・・・

 

睡眠がダイエットに非常に関係している

ことがわかったでしょうか!笑

 

また睡眠はダイエット以外にも

健康にも非常に関係します!

 

しかし、人生の約3分の1は睡眠なのに

睡眠に対して考えている人は非常に

少ないです。

 

バスタオルや、服は1回使ったら

洗濯するのにシーツや枕カバーは

毎日洗いませんよね?笑

 

良質な睡眠を取るためには

枕やシーツは常に清潔で

ある必要があります。

 

普段の生活でなかなか疲れが取れない方、

すぐに眠くなる方などは、

1度真剣に自分にあった睡眠を

考えてみてはいかがでしょうか^ ^

 

以上、健康アドバイザーれんでした。

 

無料相談受付中!

 

筋トレ、食事、ダイエット、健康などに

関する質問を無料で受付しています^ ^

 

無料相談受付中!


▶️れんに無料で相談する!